FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
体温・活力アップのカギは?
●体温、活力アップのカギは、ミネラル・ビタミン補給  

 ブドウ糖は、解糖系、TCAサイクル、電子伝達系という生体反応を経て、
ATPに精製されます。この生体反応を進める上で、必要不可欠な栄養素が
亜鉛、鉄、セレンなどのミネラルと、ビタミンB1、B2などのビタミンです。
ですから、ミネラル・ビタミンが不足するとエネルギー生産能力が低くなり、
低体温となります。

ワタナベ活性型オイスターには、亜鉛、セレン、鉄などのミネラル、ビタミン
B1、B2などがバランスよく豊富に含まれており、エネルギー発生を円滑に
させる栄養素の宝庫です。


P2 ATP精製図

(健康文化 12号)




●冷え性解消のために、エネルギー発生を高め、
温かい血液を循環させましょう!  

 冷え症は、自律神経失調症による血液循環の乱れからも起こります。
ビタミンEなどで、末梢血管の血行を良くすることは良いことです。

しかし、低体温の方は、エネルギー産生能力が低く、血液が適切に温まら
ないことがあります。冷え性解消のためには、血液循環を良くするだけでは
なく、エネルギー発生系の能力を高めて、正常に温められた血液を循環さ
せることも必要です。

①エネルギー発生を高め、血液を温める。

②血液循環を良くする。


P2 低体温の血液


(健康文化 12号)
 
スポンサーサイト
[ 2010/01/17 14:23 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<漢方の養生生活 | ホーム | 低体温、冷えにご用心!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ninata0424.blog7.fc2.com/tb.php/6-a99d8f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。